2008年11月16日日曜日

新たなる伝説☆

11月10日 午前5時28分

2890gの 女の子 が生まれました


これで3姉妹。かしましです。家族5人よろしうおねがいいたします。


それでは今回のお産のドタバタ劇のはじまりはじまり~♪


(前日) 11月9日

朝から3分おきのお腹の張りがあったんだけど、かなり弱すぎ。これは陣痛なのか?って、とりあえず助産院に連絡。しばらく家で様子をみることにしました。9日は午後から村の野球の紅白試合があるということで、それに誘われてたんだけど、午前中の時点では行くことを断念。午後は助産院に行こうってことにしてました。ただ、かあちゃんは次女 かづちゃんの時に予定日の18日前に同じような感じで一度陣痛がきて、おさまって、結局その10日後に生まれたというのを経験してたので、生まれないかもって思ってたみたい。

お昼ごはんを食べた後、案の定、陣痛はおさまった。折角なので、紅白試合の見学に。とうちゃんはそれに参加。かあちゃんは寒空の下、子どもたちと観戦しておりました。

そして、何事もなく9日は終わった


11月10日 午前4時

「破水したかも」
突然、かあちゃんにたたき起こされた。3時半ごろ、お腹の痛みとともに おもらし したらしい。尿ではないみたいだからたぶん羊水。昨日とは違いおなかの張りは強く、3分おき。もう一刻の猶予もないみたいだった。
急いで、助産院に行く準備。先生に連絡して、車に荷物を積んで、子どもたちを車に乗せて、4時15分頃出発。

なるべく急ごうと思ってても、ちょっとした揺れがお腹に響くみたいで、陣痛が強くなると車は減速。なるべく揺れないように走行してました。そして陣痛が弱くなると同時にダッシュ!
そんなことを3分おきに繰り返し5時前に無事? 助産院に到着。


11月10日 午前5時

到着してすぐに分娩室へ。すぐに診察。

「子宮口は・・・ 全開ね。」
「でもまだ上ね」

あかちゃんはまだ下りてきてないらしい。そして簡単に消毒。出産に向けて準備を始めました。陣痛がくると、背中をさすり、それがかなり気持ちいいみたい。かあちゃんは背中をさすられると楽そうでした。何回目かの陣痛の後、「ちょっと待ってて」と言い残し、先生は部屋の外へ。

先生がいなくなってからも、やっぱり陣痛はくる。今度はとうちゃんが背中をさする役。

「先生がやってたみたいにして!」
「そこじゃない! もっと下!」

なんて怒鳴られたけど、気持ちよくなる場所を見つけるとなんだかうれしい。

そしてだんだんと陣痛の間隔は短くなる。
背中もずっとさすってなきゃならなくなりました。これが結構、力仕事。始めは左腕でさすってたんだけど、しばらくして疲れて、右腕でさする。


11月10日 午前5時25分ごろ

ついに、大波がやってきた。
しかし、先生はまだ戻ってきてない

「せんせ~~~~~~い!」

「せ~ん せ~~~~~~~~~~~い!!」

やっと先生は戻ってきた。
そして、その手には、コップ。

「もう少しかかると思って、レモネード作ってたの。ごめんなさいね」

そして、大波は遠のいた。でも、出産はもう近い。先生ももうすぐってのはわかったらしい。

「あら、たいへん。ちょっと待ってて。」

そして、再び先生は部屋の外へ


11月10日 午前5時28分

「う"~~ん、う"~~~~~ん」

以前にも、聞いたことのある声を上げだした。長女 たまちゃんの出産の時に分娩室から聞こえてきた声。そう、出産する時の声だ。

先生はまだ戻らない
声はさらに大きくなる

「う"~~~ん、う"~~~~~~ん」

これはかなりやばい

「せんせ~~~~~いっ!」
「おねがいしま~~~~すっ!」


大声で、先生を呼ぶ。
すると遠くから、

「ちょっと、まってて~~」

返事があった。もうすぐもどって来る。


しかし、こっちは待ってくれなかった

「でちゃう、でちゃうよ~~っ!」

「あ"~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!」


「でちゃった・・・。」

その声と同時に、とうちゃんはかあちゃんのズボンを下ろした。
その股の間から、青いものがあたまをのぞかせていた。


そして、先生は戻ってきた。

「あらあら、ごめんなさいね」
「トイレに行ってたの」


そして、先生にあかちゃんをとりあげてもらう。

みたい!みたい!」
と かあちゃん。

「もういたくないから、だいじょうぶよ」
と 先生。

漫才みたいなやりとりの後


自分の股をのぞきこみ、あかちゃんがずりずりと出てくるのをみているかあちゃん。たまかづも並んで、それを見ていました。かづちゃんのほうが相当、引き気味。その場で固まってました。


出血はほとんどなく、助産婦さんの手もほとんど借りないほどの 超安産 でございました。



11月10日 出産後

しばらくして、あかちゃんの肌身が落ち着いてきて、ようやくたまかづも「あかちゃん、かわいいね」って言う余裕が出てきました。

そして、胎盤を引きずり出した後、へその緒を切らしてもらいました。感触は肉というか皮というか、生のものを切る感覚。貴重な体験でした。

6時近くになって看護師のチヨさん登場。
「もう生まれちゃった?」
あまりに早い出産だったため、間に合わなかったみたい。
そして、あかちゃんの体重やら身長やらを測ってもらいました。


産後の状態は良好で、その日のうちに退院出来そうな感じでしたが、あかちゃんの なんとか検査 が4日後にすることになってるってことで14日まで入院することになりました。

ちなみに あかちゃんのブログでのお名前は
もえちゃんに決定!
新しい家族をよろしくお願いします

4 件のコメント:

  1. よしだ(@神奈川)2008年11月16日 20:29

    あかちゃん誕生、おめでとうございます!
    楽しくブログ拝見させていただきました(「でちゃった・・。」のところで思わず吹き出してしまいました^^)。
    これからもますます賑やかに、たくみ家のブログを楽しみにしています。
    もえちゃんはじめ、たまかづちゃんの健やかな成長をお祈りしつつ・・。

    返信削除
  2. もえちゃん誕生おめでとうございます☆
    無事に、超安産でよかったです。
    これからも陰ながら、見守っております。

    返信削除
  3. よしだ(@神奈川)さん>
    もえちゃんが生まれてからなかなか忙しくてこの記事を書こう書こうと思いつつも一週間があっというまに過ぎてしまいました。立会い出産はとっても楽しかったです。
    今度お会いした時にはまたみんなでかき揚げを食べましょう♪

    返信削除
  4. Coduさん>
    陰ながらといわず是非遊びに来てください。
    母子ともに健康ですのでいつでもどうぞ!
    寝てるかもしれませんが・・・

    返信削除