2009年11月5日木曜日

新規就農者に対する支援

先日、福島県農業振興公社から届いた封書

経営開始支援資金(就農後資金)貸付案内書」

この制度は福島県独自のもので無利子での貸付で、5年の償還据置期間がある。そして、5年後に経営が一定水準に達していれば償還が免除 つまり返さなくてもよくなるものです。貸付限度額は新規参入者(80万円以内)やUターン者(30万円以内)など違うのだけれど、昭和村は過疎・中山間地域ということで、限度額は100万円。ただ自由に使っていいわけでなくて、結構、制約はあるんです。その説明会が12日に福島県青少年会館であります。ちゃんと説明聞いて、しっかりと百姓になれるように 有効に使いたいと思ってます


そして、もうひとつ助成を受けられることになりました

新規就農者に対する機械・施設等の導入支援
(新規就農定着促進事業)

これは農林水産省の事業で、機械や施設の購入費の半額を補助するものです。6月半ばに申し込んでいて、8月頃には通知が来るはずだったのですが、実はこれ、21年度補正予算の事業なんです。8月の政権交代の影響か、通知が先延ばしになってました。内々にOKはきてたんですが、購入してから、「やっぱりダメです」なんてことになって全額負担になったらかなりヤバいので、ちゃんと書類が届くまで待ってました。

今回、この半額補助を使って新車のトラクター等を購入します。年度内に購入しなきゃならないので、早急に注文しなきゃならなくなりました。ただ、助成はありがたいんですが、結局、半額は払わなくちゃならんのですよね・・・。

3 件のコメント:

  1. たくみさん~!
    お疲れ様です。
    お~いろいろあるんですね。
    勉強になります。
    政権が代わることで、どんな変化が出てくるのか気になりますね。要チェックですね!
    ファミリーの皆さんも
    風邪などひかないように。

    返信削除
  2. こんにちはたくみさん。
    就農後資金いいですね、償還が免除になるなんて私も活用させていただきたく思っています。新規就農定着促進事業の方は年齢的に無理なようです。
    ちなみに今日、認定就農者の通知が来まして喜んでおります。
    ではでは。

    返信削除
  3. よししさん>
    初コメありがとです☆
    こういう情報は役場の方からいただいてます。ほんとにありがたいです。
    この支援を無駄にしないように しっかりと昭和村に定着していきたいって思ってます
    よししさんも家族がいない間に風邪など引かぬように!
    Kさん>
    認定就農者おめでとうございます。
    定着促進事業は農水省のHPで確認すると
    「認定就農者は就農計画の認定申請時点で39歳以下」
    とあるのでおそらく年齢的には問題ないと思います。ただ、この事業は平成21年度中に実施しなくてはならず、来年度に就農する場合、対象となりません。
    役場の方と相談をして、今年度中に就農して、事業へ申請をすれば、もしかすると利用できるかもしれません
    研修ももう少しで終わりですね
    だいぶ寒くなってきたので、風邪に気をつけてくださいね~

    返信削除