2009年12月1日火曜日

トルコギキョウ セミナー

レレレのもえちゃん

昨日、役場で新規就農者の実績検討会と計画検討会があって、その席で「明日、若松でトルコギキョウのセミナーがある」って聞いて、かすみ草じゃないけど花の事がちょっとはわかるようになるかなってことで行ってまいりました。

花の種類は違っても、共通する事は数多くあって、かすみ草栽培に活かせそうだなって思う情報が多々ありました。花を育てるのに一番必要なのは「水と風」だそうです。肥料は少なめでいいと…。

トルコギキョウの原産地の話がかなり気になりました。原産地での生育を知る事で、その植物に最も適した栽培が出来るはず。かすみ草の原産地ってどんなとこなんだろう?ちゃんと調べてみようと思います


セミナーの講師 サカタのタネの久保田氏がいっていた言葉

「花作りは 思いやりの心」


いい言葉です。その気持ちを忘れずに来年もがんばろう

0 件のコメント:

コメントを投稿